とある自転車乗りの日常 とりあえず生きてはいます
自転車乗りK
今後の予定
プロフィール

kuma

Author:kuma
自転車乗り
甘いもの好きで最近いろいろやばい^_^; チョコレート星人とも呼ばれる

好きなもの/好きなこと
音楽:HM、HRetc.
好きなもの:コーヒー、紅茶、チョコ、他甘いもの とりあえず自転車

連絡先kuma14612000yebisu@
yahoo.co.jp

ぽちっとお願いしますm(__)m
FC2ブログランキング
ぽちっとお願いしますm(__)m

FC2ブログランキング

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20080302]

たしかに今日は気温も上がって走りやすかったけど…
suzukiさんと10時に博物館前に集合することで約束していたが、行ってみるとsuzukiさん、o-tsuka君、SSさん、O崎さんが集合。こりゃきつそうだ(ーー;)

いつもの練習会コースへ。
十六本松のところでU原君も合流。
しかし、いきなりペースが速い。砂丘道路でなぜか千切りあい。途中でぶら下がるのをあきらめました…
駟地山は自分の我慢できるペースで。200Wキープくらいで登る。ここはそれほど離れずにクリア。
下ってからの平坦区間はまたペースが上がる。SSさんとO崎さんの機関車2台はきついよ。
羽尾のトンネルに向かう登りで離れて、suzukiさん、o-tsuka君と3人で進行。
県境の登りもやっぱり自分のペースで。前に人がいるので、頑張りやすい。ここも200Wキープで。
県境の展望台?でinitialTTさん、M田さんと会う。
少しお話して、さらに先へ。ここからはSSさん、O崎さん、U原君、kumaの4人。
U原君も高校時代のように走れている。聞けばウェイトをひたすらやったらしい。やっぱりね。
海岸線の細かいアップダウンもいいペースで進行。
しかし後ろについていると150Wくらい。中切れというか間が開いてしまったときに前に出て差を詰めるときが300Wちょいくらい。空気抵抗はでかいのだ。ってことはひたすら前を引き続けるSSさんは…
浜坂ユースへの登りもいい番手で入ったけど脚がなくてずぶずぶ。
で、さらに先へ。SSさん、O崎さん、kumaの3人。機関車2台に客車?
ここから先はぶら下がるのみ。
最後の桃観トンネルへの登りも最初は少しはなれて入る。
220Wくらいを保って走っていると、O崎さんとは思いの外離れていない。
何とか頑張って先着( >Д<;)息も絶え絶えでした。

冷えるのですぐに下る。
平坦区間は横風、向かい風を食らいながら35~40km/hで引きずり倒された…
七坂だけは何とか踏ん張って踏めたかな。
駟地山から先はほんとにズタボロ。
最後は河川敷をSSさんと流して帰る。

SSさんは体幹部の筋トレと股関節周りのストレッチに取り組んでいて、それが平地のスピードアップにつながっているらしい。見習わないと。

しかし、いきなり高強度の練習はきつかった。

今日のデータ
ポラール まあいつも通り?
20080302p.jpg


SRM 3回目のラップ、桃観トンネルへの登りでやっと平均200W越え。せめて体重の4倍、240Wくらいはいきたい。
20080302.jpg


ぽちっとな
にほんブログ村 自転車ブログへ

コメント

□  from HIDE-chan

数値が色々あって、何か科学的!
私の「感覚のみ」で走るのとは、月とスッポン!
せめて、ケイデンスと心拍計くらいは買いたいけど・・・

2008-03-02(Sun) 21:02 | URL | #kuX..F9k [ 編集 ]


□ HIDE-chanさん from kuma

いやいや、お恥ずかしい(^^ゞ
ケイデンスメータと心拍計はあったら便利ですよ。
とりあえずケイデンスを見て走られたらどうでしょう?

2008-03-03(Mon) 19:53 | URL | #- [ 編集 ]



管理者にだけ表示を許可する

Top

http://kumatime.blog54.fc2.com/tb.php/694-6b71ff66
HOME
copyright © 2005 kuma all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。